お預かり中

預かり犬 リカちゃん、わが家に来て1カ月がたちました

投稿日:

りかちゃん

お預かり1カ月目の朝。

リカちゃんがわが家にやってきて、ちょうど一ヶ月目の朝。
鉢植えのトマトがすっかり赤くなっていました。

庭のトマト

千葉の施設からやってきて、初めて見る人とわんこにとまどったに違いありません。
一月前には姿かたちもなかったトマトが、実をつけ、ゆっくり色をつけたみたいに、一ヶ月かけてリカちゃんもリラックスしてきたんじゃないかと思います(リカちゃんから聞いたわけじゃないですが)
最初からフレンドリーだったリカちゃんですが、徐々に”地”が出てきた感じです。

お預かりした日から、一ヶ月間に変わったこと。たくさんありますが、大きいところはこんな感じかな。

●甘え方がズーズーしくなった
迫ります。グイグイ迫ってきます。先住犬をかわいがっていると、「私もー」って頭を突っ込んできます。
特に食べ物のことになると、さらに2歩くらい踏み込んでくるようになりました。

りかちゃん
りかちゃん

●犬たちのリーダーに?
とにかくフットワークがいいんです。
「おはよー」も、「ご飯だぁ」も、「お帰りなさーい」、「お散歩だぁー」も、リカちゃんが率先して動きます。他の2匹がその後を追いかけてくる感じ。

●お座りが上手になったこと
すっかり、お座りして待てるようになりました。「待て」はまだ今一つ。

りかちゃん

●階段を降りるのが上手になったこと
最初は、どうやって降りていいのか、わからないようでした。
長く暮らしたセンターには、長い階段なんでないよね。
今では、ひょいひょいはずむように降りていきます。

でも、一番は、

●たくさんの笑顔をくれること
同居している子ども、80うん歳の母ともすっかり仲良しです。
リカちゃんは不思議な子。人なつっこくておしとやかなところ、ズーズーしいところ、ご飯に目がくらむところ…。
いろいろな顔をもっていて、それがちょっとおとぼけな外見に包まれているんです。
りかちゃんを見ていると、思わず笑顔がでちゃいます。

きっと、リカちゃんを迎えられた里親さんのおうちには、笑顔の花が咲くと思いますよ。
最初はちょっと大人しいかもしれません。
でも大丈夫。リカちゃんは、すぐいろんな”地”を見せてくれると思います。
青いトマトが、赤くなるみたいに。

リカちゃん

-お預かり中
-,

Copyright© ”愛”の架け橋日記|預かり犬といぬ親探しのブログ , 2017 AllRights Reserved.